開館カレンダー

前年2019次年
前月04次月
1
予定なし
2
予定なし
3
予定なし
4
予定なし
5
予定なし
6
予定なし
7
予定なし
8
予定なし
9
予定なし
10
予定なし
11
予定なし
12
予定なし
13
予定なし
14
予定なし
15
予定なし
16
予定なし
17
予定なし
18
予定なし
19
予定なし
20
予定なし
21
予定なし
22
予定なし
23
予定なし
24
予定なし
25
予定なし
26
予定なし
27
予定なし
28
予定なし
29
予定なし
30
予定なし
 
開館
 
閉館
イベント
アラート
 

MyLibrary ログイン


ログイン
 
OPACホーム > お知らせ 
 

図書館からのお知らせ

図書館からのお知らせ
2019/04/15new

休館のお知らせ

利用者 各位

学園創立記念日のため,下記の日程で「図書館全館」及び「開発研究所資料室」を休館いたします。


【休館日】
 2019年5月16日(木)


14:00
2019/04/15new

OPACの停止について

利用者 各位

システム保守のため,下記の日程でOPACを停止いたします。

【停止期間】
 2019年4月22日(月)9時00分~9時30分(予定)
10:00
2019/04/08

図書館オリエンテーション参加者募集

学生 各位

図書館職員が,みなさんと一緒に館内を歩きながら,図書館の利用方法を説明します。
大学の図書館には,これからの学生生活に役立つモノがたくさんあります。
オリエンテーションを通じて,図書館を「見て」・「聞いて」・「触って」みませんか?
みなさんのご参加をお待ちしています★


※詳細はこちらをご確認ください。


16:00
2019/04/08

図書館だより(通巻220号)・図書館利用案内(2019年度版)の配布について

利用者 各位

この度,『図書館だより(通巻220号)』及び『図書館利用案内(2019年度版)』が完成いたしました。

学内で配布しておりますので,ご自由にお持ちください。
 [配布場所]
  ・図書館本館(1階・2階・4階)
  ・3号館1階
  ・5号館1階
  ・工学部図書室

 
09:00
2019/04/08

「図書館だより第40巻2号(通巻219号)」について

利用者 各位

図書館HPに「図書館だより第40巻2号(通巻219号)」を掲載しました。
図書館HPの右上にある「図書館だより」から閲覧することできます。
是非ご確認ください。


08:00
2019/03/14

図書館施設予約システムの稼働について

学生・教員 各位

本日から「図書館施設予約システム」が,稼働いたしました。
今後,図書館本館4階アクティブ・エリア(AL-1~6)の貸切利用予約は,
同システムを通じて受付いたします。

*図書館施設予約システムへのアクセス方法は,下記のとおりです。
 >> URL: http://webreserve.hgu.jp/webreserve
 >> 以下の方法でアクセスすることも可能です。
 ①【G-PLUS!】メニューバーの「リンク」>「図書館施設予約システム」をクリック。
 ②【図書館ホームページ】リンクバナー「図書館施設予約システム」をクリック。
 ③【OPAC】サイドメニューの「リンク」>「図書館施設予約システム」をクリック。

*予約方法は,こちらからご確認ください。

*図書館施設予約システムは,現在のところ,「学内ネットワーク環境」からの利用に限られております
 今後,学外からの利用が可能となる予定です。
 学外からの利用が可能になりましたら,改めてお知らせいたします。

*貸切利用の予約期間は,従来どおり「利用日の4週間前から前日まで」です。
 また,当日の利用受付は,従来どおりサポートデスクで行います。


09:00
2019/01/28

e-book追加のお知らせ

学生・教職員 各位


北海学園大学附属図書館「Maruzen eBook Library」のe-bookに「週刊東洋経済eビジネス新書」のNo.217から279が追加になりました。なお、週刊東洋経済eビジネス新書は、No.101から閲覧できます。

閲覧は、図書館ホームページ「電子リソース」の「電子ブック」にある「Maruzen eBook Library」からできますので、ぜひご利用ください。


09:00
2019/01/25

電子リソース「矢部貞治関係文書」について

学生・教職員 各位

戦前戦後を通じて現実政治に深く関わった政治学者・矢部貞治(1902-1967)の旧蔵資料「矢部貞治関係文書」が、北海学園大学附属図書館の電子リソースに搭載されました。 

矢部貞治は、戦前、東京帝国大学教授として近衛文麿のブレーン集団「昭和研究会」の幹事を務めるほか、海軍省・外務省嘱託として戦時下の様々な政策立案に携わり、戦後も憲法調査会副会長や選挙制度調査会をはじめとする数々の審議会の委員を歴任し、一貫して現実政治に関与した政治学者です。このデータベースでは矢部貞治の手元に残された約6,000 点に及ぶ膨大な原資料を収録しており1920年代から60年代後半までをカバーし、激動の時代を生きた知識人の軌跡をたどることができます。

閲覧は、北海学園大学附属図書館ホームページ「電子リソース」の「電子ブック」からお入りください。
10:30
2019/01/10

「図書館だより第40巻1号(通巻218号)」について

利用者 各位

図書館HPに「図書館だより第40巻1号(通巻218号)」を掲載しました。
図書館HPの右上にある「図書館だより」から閲覧することできます。
是非ご確認ください。
09:45
2018/12/19

春季長期貸出について

学生・教職員 各位

春季の長期貸出を下記のとおり行います。
なお,この期間中に貸出した図書の貸出更新はできません。


【貸出期間】
  平成31年1月22日(火)~ 平成31年3月28日(木)
  (※下記【返却期限】➀の利用者は,返却期限日まで。)


【返却期限】※利用者区分により異なります。
  ➀ 学部4年生,修士2年生,博士3年生 : 平成31年3月20日(水)
  ➁ 一般学生以外の学生,年度更新利用者 : 平成31年3月29日(金)
  ➂ 上記➀以外の一般学生,教職員    : 平成31年4月12日(金)


【貸出冊数】 5冊まで 


13:00
2018/10/18

e-book「Maruzen eBook Library」について

学生・教職員 各位

この度,人文学部で購入した電子書籍「Maruzen eBook Library」35タイトルが閲覧できるようになりました。

タイトル等は右の添付ファイルでご確認ください。>>
購入一覧.xlsx

閲覧は図書館ホームページ「電子リソース」の「電子ブック」【Maruzen eBook Library】から見ることができます。
(今まで本学が購入した一覧も「
本学購入一覧.xlsx」で確認することができます)。

利用方法につきましては,「電子ブック(ebook)を読もう(Maruzen eBook Librar)」をご覧ください。

なお,ご利用は学内ネットワークからとなります。
学外から利用される場合は「学外から電子リソースを使う」をご参照ください。
10:00
2018/09/27

OPAC・MyLibrary・図書館ホームページのリニューアルについて

利用者 各位

この度,OPAC(蔵書検索システム),MyLibrary,図書館ホームページをリニューアルいたしました。

これまでよりも簡単に多様な資料の検索が
できるようになり,スマートフォンで所蔵情報を表示することも可能になりました。

新しいOPAC,MyLibrary,図書館ホームページを是非ご利用ください。


※リニューアルに伴い,OPAC,モバイルOPAC,MyLibraryのURLが変更となっております。
 (
図書館ホームページのURLは従来どおりです。)

 >>新しい「OPAC」はこちら
 >>新しい「
モバイルOPAC」はこちら
 >>新しい「
MyLibrary」はこちら

16:00
2018/08/30

電子リソース「大平正芳関係文書」について

学生・教職員 各位

第 68・69 代内閣総理大臣をつとめた大平正芳氏が残した膨大な文書・資料の「大平正芳関係文書」を
本学図書館ホームページ「電子リソースをつかうから閲覧できるようになりました。

大平正芳氏自筆の日記・手帳から,書簡、外務省や通産省などの官庁資料,
政財官の重要人物へのインタビュー記録など,
貴重な資料が掲載されています。

戦後政治史の一級史料をぜひご活用ください。 

09:00
2018/07/27

工学部図書室の資料取出時間変更について

利用者 各位

工学部図書室の閉架・閉架B1資料の取出時間が変更になりました。
詳しくは図書館ホームページの開館時間をご確認ください。

09:00
2018/07/05

他館利用願(紹介状)発行のメール申込受付開始について

学生・教職員 各位

他館利用願(紹介状)発行のお申込みは,従来,窓口においてのみ受付けておりましたが,
この度,メールによる受付を開始いたしました。

−−−メールによるお申込み方法−−−
「他館利用願(紹介状)発行申込フォーム【メール申込専用】」に必要事項をご入力の上,
図書館レファレンス・サービス係へメール添付でお送りください。
発行が完了次第,折り返しメールでご連絡いたします。
【メールアドレス】reference@hgu.jp

*申込フォームは,こちらです。>>他館利用願(紹介状)発行申込フォーム【メール申込専用】.xlsx
(「G−PLUS!のキャビネット」又は「本学図書館ホームページ」からもダウンロードが可能です。)

*従来どおり窓口でのお申込みも可能です。
 その場合は,本館2階レファレンス・カウンター又は工学部図書室へお越しください。

*「他館利用願(紹介状)発行申込フォーム」はメールによるお申込み専用です。
 窓口で直接お申込みされる場合は,ご使用になれません。

*お申込み受付後,利用の可否について当館から利用希望館へ確認を行います。
 確認には日数を要しますので,余裕をもってお申込みいただくよう,ご協力をお願いいたします。

*北海道地区大学図書館相互利用サービス加盟館を利用される際は,他館利用願は必要ありません。
 学生証又は教職員身分証をお持ちの上,ご利用ください。
 サービス加盟館については,こちらをご確認ください。

09:00
2018/07/01

電子リソース「Financial Times」について

学生・教職員 各位

7月1日から,イギリスの日刊紙「Financial Times」が,本学データベースで閲覧できるようになりました。

「世界でもっとも信頼できる英国の高級経済紙」と評される「Financial Times」は,
経済の他に政治や社会情勢などの記事が掲載されており,
ヨーロッパやアメリカ合衆国など広い地域で購読されています。

本学図書館ホームページ「電子リソースをつかう」(区分:新聞記事を探す)からご利用ください。

※利用の際はアカウントを作成のうえ,Sign inをしてからご利用ください。
(アカウント作成,マニュアルは“電子リソースをつかう”のFinancial Times欄に掲載しています。)

09:00
2018/06/21

図書館ホームページ「電子リソースを使う」を更新しました

この度,図書館ホームページ「電子リソースを使う」を更新しました。

【更新内容】
 1.『EBSCO eBooks』の「ユーザガイド」(マニュアル)を掲載しました。
   EBSCO eBooksは,人文,ビジネス・経済,教育,文学,医学,政治,宗教等,
   幅広い専門分野にわたるに文献を無制限アクセスで閲覧可能です。

   こちらは大学内のネットワークから利用可能です。
   学外から利用する場合は「学外から電子リソースを使う」をご参照ください。

 2.『G空間情報センター』を追加しました。
   G空間情報センターは,国土地理院などの各府省,民間各社及び各学術機関等,
   官民問わず様々な主体により整備・提供される多様な地理空間情報を集約し,
   利用者がワンストップで検索・ダウンロードし利用できる産学官の地理空間情報を扱うプラットフォームです。

   こちらは学内外を問わず,どちらからでも利用可能です。

 3.『書陵部所蔵資料目録・画像公開システム』を追加しました。
   書陵部所蔵資料目録・画像公開システムは,「図書寮文庫所蔵資料目録・画像公開システム」と
   「宮内公文書館特定歴史公文書等目録」が統合されたもので,宮内庁図書寮文庫が所蔵する古典籍・古文書類と
   宮内公文書館が所蔵する特定歴史公文書等を一度に横断検索することができます。

   こちらは学内外を問わず,どちらからでも利用可能です。

09:00
2018/05/23

常設展示「刊行物から見る北海学園大学」更新のお知らせ

利用者 各位

図書館本館1階の常設展示「刊行物から見る北海学園大学」を更新しました。

~ NEW CONTENTS ~
 ◎ 熱きたたかい―50年の軌跡
   北海学園大学・東北学院大学総合定期戦のあゆみ 1955~2004
 ◎ ポストカード

​​刊行物に詰まった本学の歴史と伝統をぜひご覧ください。 

09:00
2018/05/07

アクティブ・エリア「GS−1・2」の個人利用開始について

学生 各位

従来,図書館本館4階『アクティブ・エリア』の利用は,原則2名以上に限定されていたため,
利用者から「個人でも利用したい」旨の要望が多く寄せられておりました。

つきましては,平成30年5月7日(月)から,「グループ・スタディ・ルーム」(GS−1・2)の個人利用を
試験的に開始することとなりましたので,お知らせいたします。

「グループ・スタディ・ルーム」(GS)は,利用申請なく自由に利用できる開放的な学修空間です。
タブレットパソコン,ノートパソコン,ひざ掛け等の貸出も個人で利用可能ですので,お気軽にご利用ください。

なお,今後の利用状況により,個人利用を休止することがありますので,ご了承ください。

また,「アクティブ・ラーニング・ルーム」(AL−1~6)につきましては,
従来どおり2名以上での利用が原則となります。

09:00